読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今夜恋の冒険を

大体マブのせい

The Love Bugs 地球ゴージャス 感想

あの〜〜はじめにいっておくとめちゃめちゃdisって、、、ます!!!こういう悪口みたいなのをインターネットに残すのはどうなんだろう、って私も思うんですけど

でもこの時の私がなにを考えたかなっていうのを残しておきたくて!

そしてもしいやいや!っていう感想があれば是非コメントしていただければ嬉しいです!

悪口は二幕からのところからすごくなりますのでお気をつけください!



以下感想

地球ゴージャスってはじめてみたので見慣れてる方にはほんと申し訳ないんだけどそういう作品なら先に言ってくれ。

そういうっていうのは反戦の啓蒙PRイベントならっていうことです。

キラキラカラフルな虫たちのミュージカル!エンターテイメント!って言われて見に行ってこれだとワ〜裏切られた〜!悪い意味でって感じた。

まず良いところから。

一幕のカラフルな虫たちの群舞もじゅんぐりに紹介されていくメインキャストのターンも好きだった!音楽も素敵だし、あの茶番も面白かった。舞台ってウケを狙ってておもしろくないってこと多いけどこれは結構笑った。きっとごろーさんたちが面白い人たちなんだろうね。

二幕の恋愛ストーリーも好きだった。予定調和なカップルとそうはいかないカップル。どっちも好きなので初見の印象通りの城田と櫻子ちゃんがくっつくより私は好き!はやく返事してね、の櫻子ちゃんがチョ〜かわいくて良かったね、、、、

でこっからは悪いとこ

二幕のほぼ全て。

シルバーだかなんとかヤマトだか知らないけど、まずそれらの設定のダサさもすごかったんですけど、それ以上に反原発〜!反戦争〜!を言葉にするのはどうなの?エンターテイメントである以上直接それらを「日本は武器を持たない国になるべきだ!」「戦争は忘れちゃいけないんだね」って言葉にする必要がある?それらを婉曲的な表現をつかってこそのエンターテイメントにおけるメッセージじゃないの?直接いうならエイズみたいにチャリティーライブにでもすればいいのに。本でもポスターでもいい。あんなやり方で誰かにメッセージが共感をもって伝わるとでも思ってるのだろうか。あの瞬間のこの舞台は岸谷五郎のものです感が気持ち悪すぎて嫌だった。

あとストーリーにおいてはブン太にだけなんの救いもないのが気になった。幽霊でもシザーQでも一緒にいようって言ってあげるセリフがあれば変わってたのに、、、これはただの私の趣味だけど、、、


エンターテイメントとしての完成度がすごくいいだけに二幕のあの長い尺の陳腐さ?幼稚さ?が最悪〜って思ってしまった!

地球ゴージャスファンはここがいいの?わかんない、、